山口鉄也がついに登録抹消!夢から醒めてついに現実を見る時が来た

巨人の投手陣からついにあの男が姿を消すことになる。

山口鉄也。巨人のブルペン陣に欠かすことの出来なかった絶対的存在が、登録を抹消されることになった。

故障という訳ではない。もちろん病気でもない。休みを与えるための時間でもない。現戦力と比較して力が劣っているための登録抹消。完全なる降格処分だ。

ついに高橋由伸監督は最大の功労者山口鉄也の肩を叩いたのだ。

続きを読む

5月21日は巨人打線が初めてLINEで繋がった記念日

先日、久しぶりに再開した同僚5人と飲みに行った時の話だ。

そのうちの一人がスマホをついに格安スマホに切り替えたという話題を振ってきた。

へ~~、どれくらい違うの?全然変わらない?ちゃんと繋がるの?などいろいろな質問が飛び交ったが、ただ一人想定外の質問をする男がいた。

「てことは、メールアドレス変わった?」

メールアドレス?今時携帯のメールアドレスなんて使っている人いるのか?今時みんな連絡はLINEだろ!

と思っていたらその男、未だにガラケー愛用者だったのだ。

続きを読む

打てない守れない若くない中井大介!残念ながら君はもう積んでいる

チキショー!もう少しだったのに!あと1万円、いやあと1000円あればなんとかなるのに。

お客様もうこの辺でやめておいた方がよろしいかと。

待ってくれ!もうちょっとだけやらしてくれ!あと1000円ぶっこめば大当たりが来るんだ!いま金を用意してくるからもうちょっとだけ待ってくれ。

お客様、当店はキャッシュの無いお客様はご遠慮頂いております。どうぞ本日はお引き取り下さい。

待ってくれ!後もう少しなんだよ。。。

続きを読む

坂本勇人の目指すべき頂きは三冠王!もはや技術力は落合級

坂本勇人の覚醒ぶりがハンパ無い。

打率は一時4割台をキープし大当たりだった中日大島を豪快に抜き去り、一人異次元の3割8分台でぶっち切りのトップ。

少なかったホームランも量産体制に入り、エルドレッドに2本差の6本。

打点は同僚阿部にトップは譲っているが、20打点で射程範囲に入っている。

昨年の首位打者はもうタイトル1つだけじゃ物足りない。目指す頂点は日本人史上5人目になる三冠王だ。

続きを読む

巨人20億円大補強の大本命は実は石川慎吾だった!

2017年シーズン。周囲からのバッシングも無視し、なりふり構わず大補強に打って出た巨人軍。

推定20億円とも30億円とも言われているが、周知の通り補強した人員は現時点では完全なる不良債権。

陽岱鋼は5年で15億円、山口俊は4年8億円、森福允彦は3年4億円。もちろん全員全く戦力になっていない。

日本ハムからやって来た吉川光夫も年俸9千5百万円。これまた2軍。

誰一人補強の意味を成していないが、ただ一人移籍組の日本人で孤軍奮闘している男がダイナマイトシンゴこと石川慎吾。

もしかして補強の大本命は石川慎吾だったのか?

続きを読む

WBCで覚醒したはずの小林誠司の絶不調は計算された戦略だった

こどもの日の巨人vs中日の初戦は、小林誠司のセーフティスクイズで文字通り1点を搾り取って巨人が勝利を納めた。

そんな小林誠司の打撃成績は、現時点で打率151。打点は4。ホームランはもちろんゼロ。

1割台のお友達だったヤクルト山田哲人も阪神梅野も2割台の大台に乗ってしまい、ついにセ・リーグ1割台は小林誠司一人ぼっちになってしまった。

WBCで4割5分の打率を残し、侍ジャパンのトップになったはずの打撃は完全に息を潜めてしまっているが、本当の小林の姿は実はこんなもんじゃなかったのだ。

続きを読む

大田泰示がプロ野球人生初サヨナラタイムリー!大田に求められる姿とは?

北海道日本ハムファイターズ大田泰示がプロ9年目で初のサヨナラタイムリーを放った。

期待されて移籍した今季、ようやく大田の名前がニュースで取り上げられた。

未完の大器がようやく目覚めた?ついに9年の時を経て覚醒か?

いつまでも騒がれ続ける大田泰示に求められていた事とは?

続きを読む

平成の大エース菅野智之が昭和の不沈艦斎藤雅樹を超える時

巨人のエース、日本のエース、平成の大エース菅野智之が3連続完封勝利という離れ技を成し遂げた。

投手の分業化が進み、年々完投数が減っている昨今の野球界では完投勝利自体が偉業。さらに完封ともなれば、ローテーション投手でも年間に1度あるかないか。それを3試合続けて達成してしまうんだから、菅野の異次元っぷりはハンパない。

平成の大エース菅野智之は、既に昭和の大エース斎藤雅樹を超えているのか?

続きを読む

山田哲人を壊したのはWBCではない!真犯人は誰なんだ?

WBC後も順調に成績を残しているのは巨人坂本、ソフトバンク内川、西武秋山、広島鈴木。

一方WBCの後遺症なのか?イマイチ調子が上がらないのがDeNA筒香、日本ハム中田、巨人小林、そしてこの男ヤクルトの神山田哲人。

25試合に出場しホームランは2本、打点は8、打率はなんと191。

上ばかりを見続けていた男がふと振り返ればシンガリを快走する小林誠司や梅野姿が見えて来るようになってしまった。

山田哲人に一体何が起こってしまったのか?

続きを読む

橋本到じゃお腹いっぱいにならないよ!満腹感を感じる選手への成長

今シーズン、チームを挙げて育成を誓った未来の大砲候補岡本和真。

打率227、打点は2、ホームランは残念ながら0本。

史上最弱と言われるジャイアンツ下位打線の中心を担ってきた岡本和真だが、やっぱり我慢しきれず一旦2軍への降格を言い渡された。

まぁ仕方ない。首位広島を追いかけるためには育成どころの騒ぎじゃない。これ以上話されちゃうと、また去年の二の舞いだよ。

てことで交代要員として白羽の矢が立ったのが橋本到。橋本かぁ・・・。橋本なのかぁ・・・・。

続きを読む