巨人のドラ1桜井俊貴は今どこにいる?即戦力じゃないのか?


巨人のドラフト1位って誰だったっけ?

そう立命館大学出身の桜井俊貴だ。

開幕ローテーションの一角を期待されたが、1試合投げて故障してしまいファームへ。

その後1軍での登板が無いままシーズンを終えようとしている。

ドラフト1位

2015年ドラ1

まず昨年のドラフト1位達は今どんな立ち位置にいるのか?

最も話題を集めたのは楽天のオコエ瑠偉。

1軍昇格後も話題を集め、早くもプロ1号ホームランも記録した。

だがオコエは最初から育成方針、まだ結果を出さなければいけない時期ではない。

ドラ1勢では最も1軍に定着しているのは阪神タイガースの高山だろう。

オープン戦から天才的な打撃センスが注目されていたが、前評判通り1年目からしっかりとレギュラーとして定着している。

DeNAの今永も1年目から1軍に定着している。

新人トップの6勝を上げ、防御率は2.77。確実に左のエースに成長しつつある。

中日ドラゴンズの小笠原慎之助は、入団前は左腕の故障が心配されていたが、夏前に1軍に合流し、勝ち星こそ1勝だが来年に繋がるピッチングを見せている。

それぞれのドラ1生活があるようだが、まだ1年目から突き抜けた活躍を見せている選手はいないようだ。

桜井俊貴の立ち位置

そんな中、巨人のドラ1桜井俊貴は今2軍でもなく3軍にいるらしい。

ドラフト1位、即戦力、ローテーション候補と期待された右腕は、先日6大学野球でも最弱とまで言われる東京大学相手に7失点されるという無様な姿を見せてしまった。

え?イースタン・リーグで7失点ではなく、東京大学相手に7失点?

ハッキリ言ってお先真っ暗という感覚を持ったのは自分だけではないだろう。

昨年の巨人のドラフトは、明らかに守りのドラフト。

ソフトバンクが指名権を獲得した高橋純平やオコエ、小笠原といった高校生のスター候補ではなく、地味な桜井を一本釣りで指名。

菅野一人に頼り切りのローテーションの柱を探していたのかもしれないが、守りのドラフトの結果がこれだ。

桜井にピッチングはオープン戦から見ていたが、良い言葉で表現すればまとまった投手。

悪い言い方をしてしまえば、特徴の無い選手。

ストレートが抜群に速い訳ではない。派手な変化球がある訳でもない。投球フォームに特徴がある訳でもない。見た目も普通のお兄ちゃんだ。

ハッキリ言ってしまうと、巨人のドラ1っぽさが全然無いのだ。

それでも結果で答えてくれればイイ。しかし結果を出すどころか2軍にすら上がれない現状。

本人はさぞかし苦しい日々を送っていることだろう。

もう今シーズン戦力になることは期待していない。

来年でイイ。とゆーか、来年上がって来ないと正直未来はないと思ったほうがイイかもしれない。

だが地味な存在の桜井くんを再来年まで覚えていてくれるほど、プロ野球ファンは気が長くない。

来年が勝負!そのためにも今はしっかりと身体を作りこみ、春には満開の桜を咲かせてくれ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*