FA陽岱鋼はどこへ行く?本命は楽天なのか?ソフトバンクは無視状態


FAの目玉の行き先が続々と決定しつつある。

西武ライオンズの岸孝之は楽天、オリックスの糸井嘉男は阪神タイガース。DeNAの山口俊と福岡ソフトバンクホークスの森福允彦は巨人移籍が濃厚。

そんな中、未だ行き先が見えてこない大物が北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼。

果たして台湾の英雄陽岱鋼は、どこの球団が獲得するのか?

陽岱鋼はどこへ?

パ・リーグなのか?

糸井を獲得予定の阪神は既にFA補強済み。

巨人も獲得という声は聞こえてこない。大田泰示を放出して大型外野手は補強項目かとも思うが、伸び悩んでいる若手の成長の機会を奪わない戦略なのだろうか?

となればDeNAも中日も外野手に困っている感じはしない。

ヤクルトがバレンティンを放出した場合、ぽっかり外野に穴が空くため必要かとも思うが、ヤクルトの課題は投手陣。外野手ではないだろう。

セ・リーグ各球団が獲得を見送れば自ずとパ・リーグチームの争奪戦になるだろう。

福岡ソフトバンクホークスは?

陽岱鋼が移籍したい球団の本命は福岡ソフトバンクホークスなのではないのか?

野球留学で福岡第一高校卒業の陽岱鋼。兄の陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)も一時はソフトバンクホークスに所属していた。

ドラフトでもソフトバンクと日本ハムが競合し、指名権は日本ハムが獲得したが、陽自身はソフトバンク入団を熱望していた。

まさに今回のFA宣言で相思相愛の仲のソフトバンクへ移籍が濃厚かと思われていたが、当のソフトバンクが全く乗り気でない。

ここ数年で柳田が強烈なインパクトを与えて急成長、2014年パ・リーグ最多安打を放ち、WBCでギータの代替選手として活躍した中村晃もいる。

福田、長谷川、城所、吉村など外野陣の層は厚い。

もう陽岱鋼を無理して取る必要がなくなったのかもしれない。アレだけ愛していたアモーレソフトバンクは、既に新たな恋人たちを抱えていたようだ。

楽天が本命か?

となると残るは糸井が抜けた穴を同じFAで補強したいオリックスと今シーズン大補強に着手している楽天の名前が上がる。

オリックスは、一昨年の大補強も実らず2年連続で低迷している。ここでさらに糸井が抜ければ戦力はガタ落ち。

なんとか最悪の事態は避けたいとなれば、陽岱鋼は必須なピースと思われるが、陽からすればFA移籍の糸井の穴埋め?というのがあまり気に入らないのかもしれない。

オリックスも補強の弊害で若手の成長が阻害されているため、今年は補強に積極的に動かないかもしれない。

逆に楽天は、とにかく今年は戦力補強に貪欲だ。

ソフトバンクから戦力外となったキャッチャーの細川も獲得。これで嶋のバックアップが万全になった。

あとは陽のようなスター性のある大型外野手の補強が出来れば、楽天としては完璧な補強になるだろう。

果たして陽の行き先はどこになるのか?たまには以外な球団で決定!なんてビッグニュースも欲しくなるんだが。。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*