野球

WBCの呪い!世界で活躍した選手達がなぜシーズンで苦戦するのか?

大盛り上がりで終わった春の祭りWBC。

予選リーグから際どい試合が続いたが、なんとか接戦を制し決勝リーグ進出。

決勝リーグでは惜しくもアメリカに敗れてしまったが、侍ジャパンは日本中に感動を与えてくれた。

だが、WBCの後遺症は深刻だ。侍ジャパンでスタメンを張った選手達が恐いくらいに沈黙してしまっている。

続きを読む

2017年プロ野球シーズン開幕!1年365日で最も憂鬱な日

2017年プロ野球シーズンが今日3月31日開幕する。

今シーズンはWBCというビッグイベントを経て、例年よりも注目度を高めた状態でのスタートとなる。

我らが巨人軍のオープニングを任されるのはエース菅野ではなくマイコラス。

見事なスタートダッシュを切れるのか?オープン戦の不安を抱えたままのスタートとなるのか?

続きを読む

清宮幸太郎の春の甲子園はノーアーチで終わる怪物は並の打者なのか?

選抜高校野球大会2回戦、東海大福岡対早稲田実業の戦いは、11対8で東海大福岡が勝利を収め、清宮幸太郎の春はあっけなく終わってしまった。

清宮の2試合の打撃成績は9打数3安打。ノーアーチ、打点0。

中学生時代から騒がれ続けた怪物は平凡な成績で幕を閉じた。果たして清宮幸太郎は並の打者なんだろうか?

続きを読む

第4回WBCという祭りが終わった!侍ジャパンの戦いを振り返ろう

第4回WBC、残念ながら侍ジャパンはメジャー軍団をズラリ揃えたアメリカに接戦で敗れ、準決勝敗退となってしまった。

3月7日から始まったわずか2週間程度の祭りは、儚く終わってしまった(もちろん決勝が残っているが今のテンションでは感情移入することは難しい)。

とはいえ、やはり世界大会が素晴らしいことを痛感させられた。WBCの感想をツラツラと語ってみたい。

続きを読む

Youは何しに日本へ?マニー・ラミレスが日本で企む野望は何か?

本当にやって来た。

高知空港にあのマニー・ラミレスが降り立った。

中途半端なメジャーリーガーじゃない。首位打者、ホームラン王、打点王に輝いた通算本塁打数555本、通算打率3割超という驚異的な実績を残した男だ。

なんでそんな男が日本のしかも独立リーグ高知ファイティングドッグスにやって来たのか?

マニー・ラミレスは一体何を企んでいるんだ?

続きを読む

世界一神の手を持つセカンドが日本にいる菊池涼介は侍ジャパンの救世主

WBC2次リーグ、落とせないキューバ戦を接戦の末振り切り準決勝進出に王手をかけた。

先発陣は石川、菅野と打ち込まれたが、中継ぎから抑え、そして打線の踏ん張りで勝利をモノにしている。

そんな侍ジャパンで今MVPを選ぶとしたら誰になるだろう?

完璧なピッチングを見せる牧田?3本のホームランを放っている中田?ラッキーボーイ的活躍を見せている小林?

イヤイヤ、現時点でMVPを選ぶのなら神の手を持つセカンド菊池涼介だろ。

続きを読む

侍ジャパンのクローザーは誰だ?牧田?則本?千賀?小久保監督の苦悩

WBCの2次ラウンドが始まった。

やはり1次予選を勝ち抜いてきた相手、これまでとはレベルが違う。

メジャーリーガーだらけのメンバーに加え、四番打者は日本記録1シーズン60本塁打の輝かしい記録を持つバレンティン。

こんな驚異的な打線に果敢に挑んでいった侍ジャパン投手陣だが、小久保監督は誰をクローザーで使おうと考えているのだろうか?

続きを読む

敬遠はボールを投げずに宣言するだけじゃ野球はつまらなくなるのか?

ここ数年、アンタッチャブルだった野球のルールがいろいろと変わって来ている。

曖昧だったプレーに対するビデオ判定が導入されたり、本塁への突入による事故を防止するためにコリジョンルールが導入されたり。

国際化に向けた取り組みなのだろうか?伝統的な野球も時代の変化に合わせ変貌しつつある。

そんな中、メジャーで導入の議論が沸き起こっている敬遠はボールを投げずに宣言すればイイというルール。

これって導入されると今までの野球はどうなってしまうのだろうか?

続きを読む