Youは何しに日本へ?マニー・ラミレスが日本で企む野望は何か?


本当にやって来た。

高知空港にあのマニー・ラミレスが降り立った。

中途半端なメジャーリーガーじゃない。首位打者、ホームラン王、打点王に輝いた通算本塁打数555本、通算打率3割超という驚異的な実績を残した男だ。

なんでそんな男が日本のしかも独立リーグ高知ファイティングドッグスにやって来たのか?

マニー・ラミレスは一体何を企んでいるんだ?

マニー・ラミレスの野望

なぜ独立リーグなのか?

高知ファイティングドッグス。確かにメジャーから復帰した藤川球児が一時的に所属した球団。

独立リーグにありながら話題を集める取り組みは欠かさない球団ではある。

とわ言っても独立リーグだ。選手の平均年俸は数百万円程度。若手の年俸は一般のサラリーマンよりも安いだろう。

残業代がつくわけでもないし、雇用保険や社会保険に加入している訳でもない。

ここ数年、ようやく日本の独立リーグも市民権を得つつあるが、まだまだ運営は楽ではないはずだ。

地域の協力なしでは成り立たないのが独立リーグという存在。しかもファイティングドッグスが本拠地としているのは、こう言ってはなんだが四国の高知県。結構な田舎町。

そんな田舎町の独立リーグでマニー・ラミレスはやっていけるのだろうか?

かつては年俸20億円近い金額を受け取っていた男だ。

もちろんマニーの待遇は他の選手に比べかなり優遇されているらしい。

住まいはホテルのスイートルーム。

練習は自由参加でいいらしい。

さらにさらに地元の回転寿司は食べ放題なんだとかw

ちょっと羨ましい待遇ではあるが、本国にいればその程度の暮らしは出来るだろう。回転寿司なんて腹いっぱい食べたって1万円もいかないし。

みんなが疑問に思っているマニー、君は一体何しに日本の独立リーグにやって来たんだ?

一部では野球殿堂入りを目指すための行動なんじゃないか?という声もある。

それとも将来的にNPBでプレーするのが目標なのか?

バリバリのメジャーリーガーが今さらNPBを目指すというのもピンとこない。

それじゃなんでマニーは日本にやって来たんだ。

一つだけ納得できる理由がある。

マニーはただ野球がやりたいだけなんだ。

さすがにいくら実績があるとは言え3年近くまともにプレーしていない44歳のマニーと契約しようというプロ球団はない。

マニー・ラミレスが気兼ねなくプレーできる。目一杯野球が出来る環境となるとそれほど多くない。

発展途上にある日本の独立リーグ。

ここなら大好きな野球を目一杯やることが出来る。野球がやりたい。ただそれだけの理由。本当はそんな純粋なものなのかもしれない。

野望なんて無い。将来的な展望なんて無い。殿堂入りなんてどうでもいい。野球界の発展?まぁそんな大袈裟なことは性に合わない。

子供の頃のように無心で白球を追いかけたい。それがマニー・ラミレスという男の本音なんじゃないだろうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*