世界一神の手を持つセカンドが日本にいる菊池涼介は侍ジャパンの救世主


WBC2次リーグ、落とせないキューバ戦を接戦の末振り切り準決勝進出に王手をかけた。

先発陣は石川、菅野と打ち込まれたが、中継ぎから抑え、そして打線の踏ん張りで勝利をモノにしている。

そんな侍ジャパンで今MVPを選ぶとしたら誰になるだろう?

完璧なピッチングを見せる牧田?3本のホームランを放っている中田?ラッキーボーイ的活躍を見せている小林?

イヤイヤ、現時点でMVPを選ぶのなら神の手を持つセカンド菊池涼介だろ。

菊池涼介

鉄壁の守備

延長線にまでもつれ込んだオランダ戦。

勝負の分かれ道になったのは7回裏。日本のマウンドには楽天の若きクローザー松井裕樹。

テンポよくワンアウトを奪ったが、そこから細かい制球に苦しみフォアボールを許す。

1死1塁。打席にはイチローのシーズン安打記録を超えるのでは?という成績を残したボガーツ。

さすがにバリバリのメジャーリーガー。明らかなボール球には全く手を出してくれない。次第にカウントを崩し苦しくなっていく。

そしてフルカウントからボガーツが放った打球は松井の股間を抜けていった。

ヤバイ。ランナーが溜まってまたピンチを招いてしまう。

と画面が切り替わった瞬間、忍者のようにボールに飛び込んだ男がいた。広島カープの菊池涼介。

完全にセンターに抜けるであろう打球を菊池は横っ飛びで捕球し、なんとそこからグラブトス。この男捕っただけでは飽き足らずさらにダブルプレーまで狙っていたんだそうだ。

恐るべき守備力。

9回裏、同点に追いつかれたシーンの打球も通常なら楽々センター前に抜ける打球。

でも、菊池なら捕ってくれるかも!と日本の野球ファン全てが期待してしまう。実況アナウンサーも「菊池!」と叫んでしまうほど、菊池ならなんとかしてくれのでは?と思わせてくれるほど彼の存在は大き過ぎる。

実はこの場で菊池には誤っておきたいんだ。

オレは侍ジャパンのセカンドは山田哲人しかいない!と思っていたからだ。

菊池も素晴らしい選手なんだが、走攻守三拍子揃った山田哲人を外す訳にはいかない。

DHには大谷翔平がいる。山田を不慣れなサードに回して打撃に影響を与えさせてはいけない。

となればやっぱりセカンドは山田だろう。

だがそんな悩みは一気に吹っ飛んだ。大谷翔平が辞退したおかげといってイイだろう。幸いにも山田哲人と菊池涼介の二人を併用することが出来た。

大谷翔平という最高のピースは失ってしまったが、その代わりに手に入れたセカンド菊池。まさかこれほどまでに侍ジャパンに好影響をもたらすとは。

侍ジャパンのセカンドには全てのボールをもぎ取ってしまう神がいる。

菊池涼介は侍ジャパンには欠かせない存在だ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*