メジャー555本塁打のマニー・ラミレスが高知独立リーグにやって来る


本当に来るらしいよ。

ラミレスだよ!DeNAの監督になったアレックス・ラミレスじゃなくて、メジャーでバリバリの実績を残したマニー・ラミレスが日本のしかも独立リーグにやって来るんだよ。

本当に契約に合意するなんて夢にも思わなかったよ。

マニー・ラミレスがやって来る

なんで独立リーグに?

マニー・ラミレスが日本にやって来るという一報を受けたのは去年の12月。

契約でモメて結局ご破算になってしまうんだろうなぁ。と思っていたが、本当に契約に合意したそうだ。

メジャーで打撃三部門全てのタイトルホルダーになったラミレスがまさか独立リーグに来るとは誰も思わなかったんじゃないか?

そんなラミレスが所属する事になったのは、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス。

高知ファイティングドッグスと言えば、昨シーズン圧倒的数字でパ・リーグの首位打者に輝いた千葉ロッテマリーンズの角中勝矢が所属していた球団。

さらに火の玉ストレートでお馴染みの阪神タイガースの藤川球児がメジャー復帰後に所属していたのも高知ファイティングドッグス。

大物が所属していた球団ではあるが、マニー・ラミレスは大物すぎるだろっ!

とはいえ、心配なのは所属することになったラミレスよりも高知ファイティングドッグスの方。

てゆーのも、、、日本にやって来たのはイイけど、結局なんだかんだゴネてすぐ帰国しちゃうんじゃね?という不安。

ラミレスはメジャーを引退した後、台湾の義大ライノズに所属していた事があったが、家族と離れて暮らすのはツラいという理由で3ヶ月で帰っていってしまった。

高知でも同じことを繰り返すんじゃね?誰もがそんな不安を感じるはずだ。

でもさぁ、今回の契約は高知からではなくマニー・ラミレス側からのオファー。

言うなれば、合コンで一番人気!メチャメチャ可愛い女の子から、不細工で冴えない貧乏サラリーマンに対して「結婚してください!」と逆オファーが来たようなものだ。

え?嘘だろ?本当にオレでイイの?見た目も冴えないし、給料も安い。家は田舎だし、何の特技もない。本当にこんなオレと結婚したいの?

「そう!そんなあなたがイイのよ!」

なんて言われたら惚れてまうやろ!結婚しちゃうだろっ!騙されたってイイ!嘘でもイイ!向こうからオレのところに来たい!っていうのならウェルカムだよ!

男なら誰だって彼女の誘惑に惹かれるはずだ。

高知だってそんな思いだ。どっか痛いっていうのなら無理して試合にでなくてもイイ。ホームシックになったら途中で家に帰ってもいい!

独立リーグを盛り上げるためには、あなたの存在はウェルカムだよ!

もちろん短い結婚生活で終わってしまうかもしれないが、いい夢見させておくれよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*