巨人勝利の方程式7回を任せるのはあの男しかいない!


広島打線にいいように切り刻まれる巨人投手陣。

今シーズンは先発が崩れても何とか食らいつける打線がある。しかし追いついてもまた離されてしまう。

絶対的存在のマシソン、今のところ好投を見せているカミネロに繋ぐ男がいないからだ。

勝利の方程式

山鉄と森福

もちろん順当であればマシソンの前は山口鉄也だ。しかし鉄腕山口鉄也は残念ながらピッカピカに輝いていたあの頃の姿とは到底比べ物にならない。

となれば次に上がる候補はFAで獲得した森福だ。

森福の大きな特徴は心臓に毛が生えているんじゃねーか?という強心臓。

どんなピンチでも動じないその強い精神力が売りだが、やはり左のサイドハンド。右打者にはどうしても相性が良くないため、起用するシーンは限られてしまう。

右だろうが左だろうが関係ない。クローザーまで繋ぐあと1イニング。このバトンさえ繋げばゴールできるのだが、そこが現時点で大きなウィークポイントになっている。

誰かいないの?経験豊富な絶対的存在は?

いるじゃないかあの男が!そうだよ杉内俊哉だよ!

なぜ杉内俊哉なのか?

杉内俊哉も森福と同じソフトバンクホークスからFAでやってきたサウスポー。

先発投手の柱として活躍してきたが、昨年は股関節の手術の影響により丸々1年間1軍から遠ざかっていた。

現在2軍での登板を繰り返し1軍への復帰を目指しているが、本人は当然先発ローテーションに入るつもりで調整しているんだろう。

だけど、今のところ先発のピースは足りている。

マイコラス、田口、大竹、菅野、内海、吉川。ここに昨日1軍登録された宮國、さらに2軍3軍調整中の高木、桜井、ドスコイ辺りも控えている。

今のところどうしても杉内が先発ローテーションに必要な状況ではない。

それよりもブルペン陣にもう一枚強力なリリーバーが欲しい。

となれば、かつての山口鉄也のような存在になれるのは杉内しかいないんじゃないだろうか?

なぜ杉内なのか?まず気になるのは投球数。

ここ数年の杉内は先発しても一回り目、二回り目くらいまでキレキレの好投を見せてくれる。だが次第に球威が落ち、制球が甘くなり後半掴まるケースが数多く見られた。

長いイニングは難しくても短いイニングなら杉内のボールはメチャメチャ切れる。だからこそ先発よりもセットアッパーの方が向いているんじゃないだろうか?

しかも杉内は第二回WBCでダルビッシュと共にリリーフに回り好投を見せている。

もちろん当時全盛期だったというのはあるが、短いイニングの杉内は全く打たれる気がしないほどの切れ味だった

シーズンが始まると先発ローテーションを守り続けていたため先発のイメージが強いが、実はリリーフの経験もある。

経験豊富、右も左も苦にしない、制球力も抜群。もちろん連投や年間通してリリーフの経験が無いなど不安はあるが、ポスト山口鉄也は杉内俊哉をイチオシしたい。

かつて南海ホークス時代の野村克也は、阪神から大型トレードで獲得した江夏豊を説得してリリーフに回し、江夏豊の第二の投手人生を作り上げた。

原監督は、先発で結果が出なかった上原浩治をクローザーに回し、後の世界ナンバーワンクローザーを作り上げた。

高橋由伸が杉内俊哉の第二の投手人生を作り上げる時が来た。

困ったときの杉内俊哉、苦しい時の杉内俊哉。今こそ絶対的セットアッパー杉内俊哉を創造して欲しい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*