岡本和真の起用場所はレフトしかない!ギャレットはハマスタ専用機だ!


2016年シーズン開幕前。サードのレギュラーは2年目の岡本和真とベテラン村田修一で争われる事になった。

オープン戦で結果を残せない岡本和真。

一方、ホームランを捨て確実性を求めることにより、徐々に本来の姿を取り戻しつつある村田修一。

軍配はベテラン村田に上がり、村田はそのままベストナインまで登りつめた。

一方の岡本和真は、2軍で打点王に輝くが1軍ではわずか3試合の出場に留まってしまった。

岡本和真の生きる道

サード岡本

やはり岡本和真には、ホットコーナーと呼ばれるサードのポジションに定着して欲しい。

今年のドラ1吉川がセカンドの定位置におさまれば、セカンド吉川、ショート坂本、サード岡本という若手の内野陣が形成できる。

しかしそのサードには村田修一という高い壁が立ちふさがる。ファーストにはもちろん阿部慎之助。

そこに加えて、元楽天のケーシー・マギーまで獲得してしまった。

阿部がケガしてもファーストはマギー。サード村田の調子が上がらなくてもサードはマギー。

岡本は、村田、阿部の両ベテランが揃って欠場しない限り出場機会は訪れない。

使わなければ育たない、でも使う場所がない。これでは岡本和真はこのまま未完の大器で終わってしまう。

それじゃ岡本はどこで使えばいいんだ?そうだギャレットと交代で起用すればイイじゃないか!

ギャレット

シーズン開幕直後は打ちまくったギャレットだが、徐々に日本の投手の攻めに苦しむようになり、一時は2軍落ちするまで凹んでしまった。

しかし徐々に存在感を取り戻し、6月26日のDeNA戦ではまさかの3連発を記録した。

最終的にホームランは24本まで伸ばし、来季の契約を勝ち取った。

真面目な性格のギャレット。あれだけ日本の野球に感心を示し、紳士なスタイルを貫けるようなら来季はさらに爆発する。そんな期待を持たせてくれる。

とはいえ、ギャレットの年齢は35歳。あの柔軟性の無いスイングを見れば、来季大きな上積みがあるとあまり期待するのはコクだろう。

だがギャレットには最大の武器がある!そう横浜スタジアムだけでは筒香嘉智ばりの大砲になれるのだ。

今季24本のホームランのうち、なんと10本が横浜スタジアム。

ここまで1つの球場に相性がいいのも珍しい。

環境がイイのか?ボールが見えやすいのか?風がイイのか?ホームランが出やすい気がするのか?理由はよくわからない。

それじゃDeNA戦に強いのか?といえばそうでもない。

東京ドームで開催されたクライマックスシリーズでは、得意のDeNA相手にノーヒットと完全に沈黙してしまった。

もはやハマスタだけ最強なのだ。

それじゃハマスタの試合はレフトギャレットで固定。それ以外の球場は、右投手ならギャレット、左手投手なら岡本と使い分ければいい。

無理して内野で育てようとするから苦しくなる。

1軍のピッチャーに慣れさせるためにも、来季はレフトをギャレットと使いまわすのが、岡本育成に最適な方法だろう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*