巨人桜井俊貴をプロテクトリストから外してイイのか?まさかのドラ1移籍はあるのか?


ジャイアンツファンともなればドラ1の名前くらいは覚えているモノだ。いやそりゃ当然だよ。

2008年から行こう。大田泰示、長野久義、沢村拓一、ん~沢村の次は諸事情により忘れておこうw

で菅野智之、小林誠司、岡本和真、で今年の吉川尚輝で終わりだよね。

あれ去年誰だっけ?あっそうだ桜井だよ!え?桜井のフルネーム?

桜井・・・俊だっけ?なんだっけ?

それほど印象がないのが去年のドラ1桜井俊貴だ。

プロテクトリスト

桜井の立ち位置

DeNAの山口俊に続き北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼にまで手を出した巨人。

当然その代償も支払わなければいけない。金銭と人的補償という形で。

その人的補償の候補が各地で話題になっているが、昨年のドラ1桜井も外してもいいのでは?なんて声も出てきている。

それほど存在感は消えている。春しか咲かない桜のように、完全に花びらは散ってしまった。

そりゃそうだ。

賭博問題で大揺れに揺れた昨年の読売ジャイアンツ。

とにかく素行の悪い選手には手を出したくなかった。将来性、実績、それよりも人間性。

そんな思いで獲得したのが、桜井俊貴。

関西では学力も高い関関同立と呼ばれる有名大学立命館大学出身。

学力も高い選手であれば、大きく道を外れることはないだろう。

そんな安全策ドラフトで獲得した桜井俊貴だが、残念ながら巨人のドラフト1位なんだよ。

長野、沢村、菅野、小林と1軍の主力級に名を連ねるのが宿命とされているドラ1。しかも大卒の即戦力

それが1年間で1試合しか投げられないんじゃ、皆が忘れてしまうだろう。

ウインターリーグ

現在桜井俊貴は、台湾で開催されているアジア・ウインターリーグに参戦している。

そこで自責点0、防御率0.00という、いくらウインターリーグとはいえ破格の活躍を見せている。

大卒のドラ1がウインターリーグで必死に存在感をアピールしてるのだ。

さすがに巨人もいくら結果が出ていないとは言え、昨年のドラフト1位をプロテクトリストから外すことは無いだろう。

しかし日本ハムと契約した村田透を3年で切ったように、大卒即戦力右腕に長い目で見てくれるほど巨人軍は甘くない。

その思いを桜井はヒシヒシと感じているんじゃないだろうか?

来年のローテーションは熾烈な争いになる。

菅野、田口、マイコラス、山口までは決まりだろう。

そこに日本ハムから移籍してきた吉川。

CSで好投した大竹、実績十分の内海。復帰を目指す杉内。そして高木など錚々たるメンツ。

このメンバーに勝つにはドラフト1位なんて肩書だけでは到底歯が立たない。

ウインターリーグだろうが、オープン戦だろうが桜井に求められるのは結果だけ。

来年の春、満開の桜を咲かせることは出来るのか?このまま散ってしまうのか?

まだ1年目なのにいきなり崖っぷちに追い込まれている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*