松坂大輔は復活できる!メジャー流でない松坂流の調整法が出来るなら


松坂大輔が今年のキャンプは躍動している。

連日ブルペンに入り、気合の投げ込み。既にマメを潰し2回目のマメまで潰す勢いだ。

大型契約の最終年。平成の怪物と呼ばれた男は完全復活を果たすことが出来るのだろうか?

松坂大輔の復活

分厚いローテーションに挑む

華々しい甲子園での活躍。

鮮烈なプロデビューからのNPBでの輝かしい実績。

そしてメジャーリーグで18勝という未だ日本人投手シーズン勝数No1の記録を持つ男。それが松坂大輔。

中途半端なヒーローじゃない。日本プロ野球界が産んだスーパースターの一人だ。

そんなスーパースターがここ数年ドン底でもがいている。

メジャーから戦力外同然でフリーエージェントとなり、日本球界へ復帰。

全盛期ほどの活躍は出来なくても、二桁勝利を狙えるくらいは活躍できるのでは?という声は多かった。

それがまさかの2年続けてファーム暮らし。

シーズン終盤1試合だけ1軍で登板したが、明らかに調整不足の身体から放たれるボールには、かつての輝きは微塵も感じ取ることが出来なかった。

これがあの松坂なのか?全盛期を見ている知っているファンにとっては、現実を受け入れることが難しかっただろう。

もう松坂は限界なんじゃないか?去年の登板を見て多くの野球ファンは感じたはずだ。

でも大丈夫だ!松坂大輔はまだまだ終わっていない。

そもそもNPBで華々しい活躍を見せた松坂が壊れ始めたのは、メジャー移籍から数年後の話。

なんで松坂はメジャーで壊れてしまったのか?

松坂にとってメジャー流の調整法が合わなかったからなんじゃないだろうか?

復活を期す今シーズン春のキャンプ。

松坂大輔は連日の投げ込みを敢行している。

100球、200球と黙々と投げ込みフォームを固めている。

これが日本流であり松坂流。

松坂大輔は西武ライオンズに入団当初からこうやってキャンプで投げ込みフォーム作りをして、輝かしい成績を収めてきた。

しかしその調整法は厳密な球数制限をするメジャーでは認められなかった。

何度も投げ込みを直訴する松坂の姿は報道されていたが、答えはNo!。メジャーでは球数イコール肩の消耗という思考が根付いている。

ハッキリ言って宗教的だ。

かつてダルビッシュも苦言を呈していたが、球数なのか?登板間隔なのか?投手の肩・肘にどちらが深く影響するのか?明確な答えは出ていない。

だけどメジャーでは投げ込みは認められない。個性を大事にするはずなのに、投手の球数制限だけは絶対的聖域のようだ。

だが今年の松坂はようやくそんな呪縛から逃れられる。日本復帰して3年目、ようやく肩にも肘にも不安のない状態で投げ込みが出来る。

思い通りの調整が出来るのであれば、完全とは言わないまでも復活への道は開かれるはずだ。

とはいえ、自身が置かれている環境は甘くないどころか激辛だ。

千賀、武田、和田、バンデンハーク、中田、摂津、東浜、大隣、そこにドラフトで5球団が競合した大物ルーキー田中正義が加わる。

このメンツを押しのけるのは並大抵じゃない。

しかし逆に言えばこの激戦区を勝ち抜く事が出来るのは松坂大輔しかいない!

お化けフォークだって、ジャスティスだって平成の怪物が全部食い尽くしてくれるはずだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*