西村健太朗がマッスルクローザー沢村と守護神争いするためには?


DeNA山口俊をFA獲得することにより、最もプロテクトリスト漏れして獲得される懸念があった西村健太朗。

西村健太朗はプロテクトリストに含まれていたのか?それとも外れていたのに獲得されなかったのか?

真実は定かではないが西村は今季も巨人に残ることになったことだけは間違いない。

今シーズン西村健太朗は、巨人の守護神の座を射止めたマッスルクローザー沢村とクローザー争いを繰り広げる存在になれるのだろうか?

西村健太朗

抜群の安定感

ここ数年の巨人のクローザーで、西村健太朗ほどの安定感を誇った投手はいただろうか?

現在の守護神マッスルクローザー沢村はご存知のように勝負どころで荒れる。

昨シーズンも大事な試合で見事なまでの炎上撃を見せてくれた。

かつての超高速クローザー、マーク・クルーンも荒れキャラだった。

二人に共通するのはストレートは滅法早いのだが、変化球がコントロール出来ないとストレートでしかストライクが取れない。

やむなくストレートに頼るしか無い。

そしてカウントを崩し、苦し紛れのストレートを狙い撃たれて自滅する。定番のパターン。

だが西村健太朗が自滅するケースは殆ど無かった。

ストレートは上述の二人ほどの威力はないが、制球力は抜群で球種も豊富。

ストレートも変化球も自在に操れるため、フォアボールで自滅するというケースが少ない。

絶体絶命のピンチを豪快な三振でねじ伏せるというタイプではないが、淡々と仕事を務めあっさりとゲームを終わらせる。

熱い剛球でねじ伏せる沢村とは好対照なタイプ、冷静沈着なのが西村健太朗の特徴だ。

ただその一方いつも西村健太朗に付きまとうイメージは、人の良さ。

184センチ90キロとあれだけデカい体の割には、威圧感がない。

おどおどしたような表情と闘争心のないピッチングスタイルは、常にメンタルの弱さを指摘されていた。

でもクローザーは皆が皆、熱い男じゃなくたってイイではないか!

広島カープの伝説のクローザー津田恒美。

炎のストッパーと呼ばれた津田は、気持ちのこもった威力満点のストレートで一時代を築き、巨人の若大将原辰徳の左腕を粉砕するほどのボールを投げ込んだ。

あの津田の勢い!勝ちにこだわる執念こそがクローザーには必要だ!

確かに全盛期の津田氏のピッチングを見ていると納得させられる。

だが誰しもがそんな熱男になれるわけじゃない。

西村健太朗のように、デカい身体でオドオドしながらも、エゲつなく懐をシュートでえぐる。そんなクローザーがいたってイイではないか。

ここ2年故障もあり低迷している西村。

いい人クローザーの西村が、2013年当時のピッチングを取り戻し、沢村と争うようになってくれるとマシソン、山口の負担が減り、盤石のリリーフ陣が形成される。

人的補償で失わなくて良かったとシーズンオフ心から思えるように、2017年は西村健太朗完全復活の年になってくれることを願っている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*