巨人元監督原辰徳は野球殿堂入り出来るのだろうか?


2017年野球殿堂入りが発表され、元中日、阪神、楽天と3球団でリーグ優勝を果たした星野仙一氏、カミソリシュートで名球会入りを果たした平松政次氏、西武黄金期を支えた名捕手伊東勤氏が選ばれた。

今年は元巨人軍監督の原辰徳氏は得票が足らずに次年度以降に持ち越し。

果たして原辰徳は野球殿堂入りを果たすことが出来るのか?

原辰徳は野球殿堂入りするのか?

野球殿堂って?

野球殿堂(やきゅうでんどう)は、日本のプロ野球などで顕著な活躍をした選手や監督・コーチ、また野球の発展に大きく寄与した人物に対して、その功績を称え顕彰するために創設された野球殿堂である。

wikipediaより引用

早い話がプロ野球に貢献した選手が殿堂入りする。

今回選出された平松氏のように結果を出した選手や、広島カープの炎のストッパー津田恒美氏のように記憶に残った選手、選手としての実績はそれほどでもないが監督として手腕を発揮した仰木彬氏のように多様な人材が選出される。

誰が選出するの?って野球殿堂の選出委員の投票なので、結局は選出委員の好き嫌い、印象の良し悪しが殿堂入りに大きな影響を与えるのは間違いない。

星野仙一氏も実績からすれば、もっと前に殿堂入りしても良い存在だったが、荒っぽい言動が災いしたのか、殿堂入りまでかなりの時間を要してしまった。

原辰徳は?

原辰徳は選手としては生涯安打数1675本、本塁打数382本。

選手としての成績だけを見れば殿堂入りはビミョーだろう。

しかし監督としての実績は群を抜いている。

11年間の監督生活で7度のリーグ優勝、3度の日本一。

そして何よりも大きいのが第2回WBC。

第1回のWBCで優勝し、2度めの監督は誰もが過大なプレッシャーを背負う形になった。

そんな矢先、侍ジャパンのメンバーに選出されたイチローが「現役の監督を使う本気度を見せて欲しい」的な発言をする。

連覇のプレッシャーがかかる、しかも春の大事なキャンプでチームを開けなければイケない。そんな難しいシチュエーションにも関わらず原辰徳は侍ジャパンの監督就任要請を受け入れた。

そんなプレッシャーを跳ね除け、侍ジャパンを見事WBC2連覇に引き上げた手腕は、最大の賛辞を送るべきだろう。

選手としては多少物足りないが、監督としてこれだけの結果を出した原辰徳が来年以降野球殿堂入りを逃す事は考えられない。

間違いなく殿堂入りすべき人物だ・・・けどあのお金の事件さえ無ければねw

でもまぁ、星野仙一だってバンバン選手を蹴ったり殴ったりしてたし、東尾修だって麻雀で捕まったりしてたしね。

原辰徳が殿堂入りに相応しくないなんてあり得ない話だよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*