巨人橋本到が神主打法でレギュラー奪取って方向性が違ってないか?


巨人橋本到が自主トレで神主打法に挑戦しているようだ。

力みを抜いて構えることでトップに自然と入ることが出来る。

得意の打撃に磨きをかけ、FA移籍してきた陽岱鋼とのレギュラー争いに勝ち抜くことが出来るのか?

橋本到の挑戦

神主打法

神主打法と言えば、何と言っても三度の三冠王に輝いた落合博満。

力みのないフォームから右へ左へ自在に打球を操る技術は、もはや落合にしか出来ない特殊な能力だった。

しかしそんな落合の神主打法を真似たチームメートがいた。

当時中日ドラゴンズに在籍していた外国人助っ人ゲーリーだ。

ホームラン数は多いが確実性に欠けていたゲーリーは、ロッテから移籍してきた落合をリスペクト。

打撃論だけでなく神主打法まで丸っとコピー。

その後確実性を身に付け、落合との強力なクリーンアップを形成した。

形だけ真似ても結果が出るということをゲーリーは証明してくれた。

それじゃ橋本到は、神主打法で結果を出すことができるのだろうか?

もちろん橋本もゲーリーのように大爆発する可能性もある。だけどさぁ今橋本が取り組む課題は、打撃フォームじゃ無いんじゃないだろうか?

橋本が取り組む課題

いつも2軍から上がってきた直後は素晴らしい打撃を披露する橋本だが、レギュラーに定着し始めるとすぐに調子を落とし結局1軍半の選手で終わってしまう。

本当ならセンターの定位置を任せたいのに、2016シーズンも結局ブレイクすることは出来なかった。

だからジャイアンツは高いお金をかけてFAで陽岱鋼を獲得した。

橋本到や立岡が期待に応えてくれなかったから、やむなく陽岱鋼を獲ったのだ。

それだけ球団は橋本到に失望しているということ。今シーズンの橋本到は窮地に追い込まれていると言ってもいいだろう。

ここまで追い詰められた橋本が取り組む課題が打撃フォームなんだろうか?

結果が出ない今こそ肉体改造に取り組んでみるべきなんじゃないだろうか?

2016年首位打者を獲得した坂本勇人は、さらなる高みを目指しダルビッシュ塾に入りさらに肉体を進化させている。

パ・リーグMVPの大谷翔平も当然ながら鋼の肉体をさらに強化させている。

橋本到に足りないものは、技術ではなくフィジカル。

172cmという小柄な体型で身長183cm、体重89キロとプロ野球選手としては理想的な体型の陽岱鋼に挑むのであれば、まずはフィジカルから変えていかなければ太刀打ち出来ない。

強靭な肉体ありきのテクニック。神主打法が火を噴くのはそれからだ。

昨年ブレイクした北海道日本ハムファイターズの西川遥輝も強靭な肉体を保持している。

橋本が本当に変わりたいのなら、今こそもう一度自分の肉体と向き合って見て欲しい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*