2016年 12月 の投稿一覧

中日落合博満GM退団!ミスター三冠王はなぜ脅迫されるほど悪役になった

中日ドラゴンズの落合博満GMが契約満了により退団することになった。

中日として初めて採用したGM制度だが、今後は後任を置かない方針らしいので、事実上中日のFM制度は落合に始まり落合で終わってしまったようだ。

落合GMを辞めさせろ!という声が加熱し過ぎて、球団に脅迫まがいの文書が届くほどになってしまったそうだが、なぜミスター三冠王はそこまで嫌われてしまったんだろう。

続きを読む

阿部慎之助が若手にブチ切れる!上手くなる近道なんて無いんだよ

阿部慎之助がシーズン開幕当初、右肩痛で調整を続けていた2軍で、若手の練習姿勢に何度もブチ切れそうになったらしい。

自身は、練習前練習を黙々と続けているが、若手はのんきにストレッチ。

ストレッチなんてやってる場合じゃねーだろ!練習しろ練習!

歯がゆい思いをグッと噛み締め、阿部は背中で若手を指導し続けた。

続きを読む

斎藤佑樹が原点回帰の甲子園の背番号1へ変更!背番号は大事な理由

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹がプロ野球のエースナンバーと呼ばれる背番号18を返上し来季から1を背負うことになった。

斎藤佑樹の背番号1と言えば、高校時代甲子園を沸かせたあの伝説のユニフォーム姿。

あの時の輝きを取り戻して欲しい!という意味を込めた背番号1。斎藤は来季どんな思いで背番号1を背負うのか?

続きを読む

巨人吉川尚輝はドラフト外れ1位のスーパースターに成れるのか?

2016年のドラフト会議は大卒の即戦力右腕に注目が集まった。

創価大学の田中正義に6球団が競合。競合しすぎて桜美林大学の佐々木が1位から漏れるほどの人気になった。

しかし巨人は田中を外し、佐々木を外し、諦めて獲得したのが吉川尚輝。

残り物には福がある。吉川尚輝はハズレ1位のスーパースターになることは出来るのだろうか?

続きを読む

2016年GOPは誰だ!巨人で最も働いた最高の選手にこの栄誉を送ろう

ジャイアンツブログでは史上最強のプロ野球死亡遊戯でMSP(Most valuable Shibou Player)というのが発表されていた。

ということで同じジャイアンツを愛する者としてオレ的MVP、GOP(Giants Oreteki MVP)を決めてみたいと思う。

完全なパクリ企画だということは目を瞑って欲しいw

当ブログではなんでもいいから最も働いてくれた人にGOPの称号を贈りたいと思う。

続きを読む

巨人が陽岱鋼を強奪した理由は台湾への布教戦略だ!日本のテレビは捨てた

北海道日本ハムファイターズからFA宣言していた陽岱鋼を5年15億円という大型契約で獲得した巨人。

既にDeNAから山口俊、ソフトバンクから森福允彦を獲得していた巨人は、さらにオリックスと楽天の陽岱鋼争奪戦に乗り込み、まんまと強奪してしまった。

巨人がここまでしてでも陽岱鋼を欲しがった理由は、低迷してしまったテレビ市場の開拓だろ!

続きを読む

キャッチャーは守備力か?打力か?巨人正捕手は小林誠司で決定か?

キャッチャーにとって1番大事な能力は守備力なのか?打撃力なのか?

もちろんどちらが大事と聞かれたら、守備力なんだろう。

まずはちゃんと捕れる、そしてちゃんと投げられる捕手じゃないとレギュラーとしては使えない。

でもなぁ、いくらなんでもあまりにキャッチャーが打てないとチーム力としては上がらないんだよね。

続きを読む

日本一のショート巨人坂本勇人はメジャーに移籍したいのだろうか?

2年連続セ・リーグ優勝を逃した巨人は、主力級の選手に大幅な減俸を課した。

阿部慎之助は、約6,600万円のダウン。

内海哲也は、約2億円のダウン。

村田修一は、約8千万円のダウン。

阿部は打率310、内海は9勝、村田はベストナイン。それでも大幅減俸。

まぁここ数年下げないで上げたんだから、この程度ならダウンでしょということなんだろうが、厳しい査定だ。

その中で一際輝いたのは坂本勇人。約1億円の大幅アップを勝ち取り年俸も球団No1。これで名実ともに巨人でNo1、球界でもNo1ショートの座を勝ち取った。

だがそんな坂本勇人には、メジャーという目標はあるのだろうか?

続きを読む