韓国のプロ野球で八百長行為による不正賭博事件


韓国のプロ野球界に衝撃的な事件が発生したようだ。

八百長事件による不正賭博行為。

複数の選手が八百長に加担していようだが、一部の選手は兵役中のため軍隊が介入して調査を進めていくらしい。

非常に悲しい事件だ。

賭博の問題

巨人の賭博汚染

昨年から今年にかけて球界を激震させたのが巨人の数選手が絡んだ賭博事件。

次々に賭博行為をしていた選手が出てきて、一体どこまで汚染しているのか?巨人ファンだけでなく野球ファンに不安で不快な思いをさせた。

もうこんな事件は二度と起こしてほしくないのだが、唯一救いだったのは八百長行為という事実は無かったこと。

プロスポーツは、高い技術を持ったプレイヤー同士の真剣勝負の場。

だからこと観客も心酔することが出来、歓喜の声を上げ、感動を得ることが出来るのだ。

そこに八百長なんて行為が存在していたら、ゲームは成立しない。

これだけはあってはいけない行為なはずだ。

その一戦を超えてしまっていたのであれば、韓国プロ野球の腐敗は根が深いのかもしれない。

韓国プロ野球

韓国人のメジャーリーガーは、今年大ブレイクをしている。

日本で活躍していた呉昇桓や李大浩はもちろん、姜正浩や金賢洙など韓国プロ野球のレベルの高さを証明しつつある。

韓国人のプロ選手は、総じて体格がよく筋力トレーニングに対する意識も高い。

日本からメジャーに移籍した野手はイチローと松井、青木は活躍しているが、まだ内野手がバリバリ活躍した実績はないし、松井以外はどちらかといえばテクニックで勝負するタイプ。

でも韓国からメジャーに移籍した選手は、まず体格で負けていない。メジャーにパワーで負けていないのだ。

韓国野球はWBCやオリンピックでも活躍している事もあり、レベルの高さは元々折り紙つき。

後は国内のプロリーグが活性化し、レベルアップしていけば韓国プロ野球の将来は明るかったはずだ。

これから事件の真相が明るみなり、それ相応の処分がくだされるはず。

ここは日本の野球界もそうだったが、溜まった膿を全て吐き出しクリーンな状態にしなければイケない。

韓国野球界は、今後アジアの中心になれる存在なのだから。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*