巨人ドラ1吉川尚輝の入団でセカンドが史上最高の激戦区に


創価大学の田中、桜美林大の佐々木を外した巨人が選んだのは大学ナンバーワン内野手の中京学院大吉川尚輝。

まだ高校BIG4と呼ばれた投手は残っていたが、あえての内野手指名。

この指名により巨人のセカンドは史上最大の激戦区となった。

史上最大の激戦区

セカンドの定位置を掴むのは?

今年の調子のまま行ってくれるのであれば、来年もファーストは阿部慎之助、ショートは坂本勇人、サードは村田修一でほぼ決まり。

となると内野手で残されたポジションは、セカンドだけとなる。

そのセカンドを今年メインで守ったのはルイス・クルーズ。

順当ならクルーズで決まりなんだろうが、クルーズはご存知の通りクライマックスシリーズを前にしてベンチから外された。

練習態度、試合に臨む態度、全力プレー、技術面ではなくメンタル面の低さが来年も懸念点になるだろう。

やる気のない無気力プレーをされたんじゃお金を貰うプロとは言えない。

クルーズの精神的、性格的な部分が来年いきなり変化するとは考え難い。

おそらく由伸監督もクルーズをレギュラー確定とは考えていないだろう。

となればセカンド戦国時代が始まる。

ドラフト1位の吉川は本職はショートだが、華麗な守備と取ってからのスピードは一級品。セカンドも十分守れるだろうし、ショートの坂本勇人に何かあった時のバックアップにもなる。

吉川の存在がここまでくすぶり続けている内野手に火をつけるかもしれない。

セカンド候補

クルーズ、吉川を除いたセカンド候補は片岡、山本、辻、重信、中井、寺内、藤村と粒揃いなのだが、みんな何かが足りない。

片岡はスピードと長打力は魅力だが、打撃にムラが有りすぎる。

山本は若さはあるが、経験が少ない。一線級の投手にはまだ対応できていないためもう少し時間がかかりそう。

辻の打力は魅力だが、1軍ではまだ結果を残せていない。

重信のセカンドコンバート案が出ているようだが、セカンドはそんなに簡単に守れるとは思えない。

中井はいつまで経ってもチャンスを掴めない。少ないチャンスをモノにしないともう後がない。

寺内はベテランで安定感はあるが、レギュラーという立ち位置は本人もベンチも考えていないだろう。

かつて盗塁王を獲得したピノ村こと藤村はもう終わってしまったのだろうか?1軍で使われる機会はほとんど無くなってしまった。

新人の吉川は最低限この7人を上回らなければいけない。

この7人を凌駕することが出来れば、ラスボスとしてクルーズが待ち構えている。

怠慢プレーのクルーズを外してもいい、外したくなるほどのパフォーマンスを吉川が見せることが出来た時、巨人に足りなかったピースがピタッとハマる。

その瞬間、坂本、吉川の鉄壁の二遊間が後10年続くことになる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*