上原浩治が緊急降板も41歳でメジャーで現役でいられる理由


ボストン・レッドソックスの上原浩治が、リリーフ登板するも1人を打ち取っただけで緊急降板となったようだ。

胸筋のハリという珍しい理由での降板だが、さすがに41歳にもなればこんなこともあるだろう。

しかし、なぜ上原は41歳になってもバリバリのメジャーリーガーでいられるのか?

上原浩治がメジャーで活躍できるのは?

雑草魂

今やメジャーのクローザーの立場いる上原がよく自分を表現していた言葉が、この雑草魂。

ドラフト1位で巨人に入団した選手のどこが雑草なんだ!とよく回りからは言われていたが、確かにエリート街道ではない。

東海大仰星高校時代は、後に日ハムに入団した建山義紀の控え投手。

大学受験に失敗したため、一浪時代は道路工事のアルバイトまでしていたらしい。

名門校で甲子園に出場し、華々しくスターとして入団したドラ1とはちょっと違う。

しかし、巨人入団後の彼は光り輝いた。

同期のドラフトといえば松坂大輔一色。

高卒と大卒の違いはあれど、松坂よりもプロで最初に実績を上げたのは上原。

調子の悪いチームの中、一人孤軍奮闘し、一年目から20勝を上げ投手4部門のタイトルを全て独占するほどの大活躍。

当時の上原のピッチングは、リズムもテンポもよく、フォアボールをほとんど出さない。

見ていてこれほど心地よいピッチャーは今でもお見かけしないほどの衝撃だった。

メジャーでの活躍

満を持してメジャーに移籍したが、移籍1年目は身体も投球もボロボロだった。

球威のない上原にはメジャーは無理だよ。。

誰しもがそう感じた数年後、彼はメジャーでもトップクラスのクローザーになっていた。

なぜ上原はメジャーでこれほどまでの成績が残せるのか?

140キロ前後のフォーシームとスプリットの2種類しか無いというのに。

そんな上原の生命線は、やっぱりフォーシームだろう。

鍛えぬかれた下半身から繰り出されるフォーシームは、とにかく回転数が多い。だから手元で伸びる。

球の出どころの見えにくいフォームも手伝い、140キロ前後のフォーシームにメジャーの強打者のバットがクルクル回るのだから見ていて爽快だ。

だがそれより何より特筆すべきは、上原のコントロール。

巨人時代から登板前にブルペンにほとんど入らず、遠投だけで調整する姿が話題になっていたが、あの完全試合を達成した槙原寛己が「あいつは天性のコントロールを持っている」と絶賛するほど、コントロールには昔から自信があったのだろう。

投手はスピードでもなく変化球の種類でもなく、最も大事なことはコントロールということを上原が身を持って表してくれている。

ただここのところまたケガが増えてきているのが気がかり。

40を超えると故障しやすくなるが、故障さえなければまだ数年彼はメジャーの第一線で活躍できるだろう。

それほどの技術力と精神力を備えているから。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*