清宮幸太郎よりもスゴイ野村大樹ってどんな選手


二年生になった清宮幸太郎はさらに凄みを増している。

早くも大会2本目のホームランを放ち3打数3安打。

もう普通の高校生じゃアウトを取ることすら難しいような境地に達している。

今のままでもプロに通用するんじゃないかとすら思わせる。

しかし、その清宮よりもさらにスゴイ選手がいる。それは同じ早実の野村大樹。

野村大樹って?

加藤雅樹の後釜

正直言って野村大樹という選手のことは全くと言っていいほど知らなかった。

中学生時代から話題を集めていた清宮が早稲田実業に入学し、どれだけ打つのか?日本中の話題になった。

が、その清宮の精神的支柱になったのは、4番を打っていた加藤雅樹選手だろう。

強打のキャッチャーとして4番にどっしりと座り、清宮のプレッシャーを軽減させていた。

しかし、その加藤が卒業し早稲田大学に進んでしまうと、早実は清宮だけのチームになってしまう。

しかし、早実にそんな心配はいらなかったようだ。

なぜなら野村大樹がいるからだ。

野村大樹の将来性

大阪福島リトルシニア出身でU15の侍ジャパンにも選ばれるほどの逸材。

がしかし体系だけを見ると清宮のような威圧感はない。

身長172cmというから高校野球の選手としては、決して大きくないどころかちょっと小さめかもしれない。

それでも相当体幹が強いのだろう。

清宮が2本ホームランを打っているが、彼も同じように既に2本のホームランを打っている。

まだ一年生だというのにこの活躍は破格だろう。

昨年一年生だった清宮は、西東京大会で打率5割という驚異的な数字を残したが、予選ではホームランは0だった。

数カ月前はまだ中学生だったような選手の体格は、高校三年生と比べると格段の差があるはず。

その体格差をものともしない彼のバッティングは、清宮よりも大化けする可能性はあるのかもしれない。

清宮・野村のKN砲が爆発すれば、今年も早稲田実業は甲子園へ大きく近づくだろう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*