巨人プロテクトリスト最後の1枠は今村信貴か?それとも他の投手なのか?


そろそろ提出されるであろうFA移籍の人的補償に伴うプロテクトリスト。

一体誰がプロテクトリストから外れるのか?巨人ファンの思いは複雑だ。

早いとこ結論を出してほしいんだけどなぁ。。

最後の1枠は?

今村信貴は?

今の巨人の選手を見ると、大体25人くらいまではプロテクトしたい選手は決まっている。

だがその後が難しい。26人目、27人目。このあたりはDeNAと日本ハムのチーム事情を考慮しながらのリスト提出になるんだろう。

そして最後の1枠に残るか?残らないか?の当落線上にいる男、それが今村信貴だ。

今シーズン、手薄なローテーションを急遽任されることになった今村。

2011年ドラフト2位で入団した高卒の若きサウスポーだが、今シーズンはまずまずの結果を残した。

16試合に登板し、3勝4敗防御率5.59。

まだまだ伸びる要素はあるし、評論家からの評価も高い。

曲がりなりにもシーズン途中までローテーションを守った投手だけに、巨人としてはプロテクトリストに入れたいところ・・なんだろうが、伸び代はどうなんだろうか?

キレのあるストレートは、初速と終速の差が少なく、打者からは打ちづらいという評価もある。

だけど今シーズンの投球を見る限り、いかんせんスピードが足らな過ぎるんじゃね?!

同じタイプの杉内は140キロ台そこそこのストレートで普通に空振りを取れるし、打者をつまらせることが出来る。

だけど今村のストレートは、気持ちいいくらいキレイに弾き返される。

仕方なく変化球に頼るが、ストレートに怖さが無いため、キッチリ見送られ、カウントを悪くする。そして甘く入ったストレートを捉えられる。

ビッグイニングを提供する機会も多い今村。ぶっちゃけ杉内のような存在になれるか?となると大きな疑問が残ってしまう。

他の投手との兼ね合い

んじゃ誰を残す。

今村と当落線上で争うのは、西村健太朗、江柄子裕樹、長谷川潤、平良拳太郎。

もし自分が今村、西村、江柄子、長谷川、平良の5人のうちどの選手を選ぶ?と聞かれたとしたら・・・めっちゃ悩むが今村と答えるかもしれない。

西村はピークを過ぎた感がある。江柄子は2軍で好成績を上げたがもう30歳。長谷川、平良は伸び代は感じるがまだ未知数過ぎる。

今村の場合、1軍で結果も残している。さらに疑問はあるが伸び代は感じる。てかまだ22歳。

そんな目線で見てみると最後の1枠を勝ち取るのは今村信貴が妥当なのかもしれない。

今村のピッチングスタイルだとゲーム終盤の緊張した場面でのリリーフとしては使いづらい。

となれば先発タイプ。ただ来季のローテーションは激戦区。

この激戦区はあのヘナヘナストレートでは乗り切れない。

オフにしっかりとトレーニングを積み、杉内のようなキレを身に着ければ覚醒する可能性はある。

やっぱり今村はプロテクトしたいなぁ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*