DeNA山口俊が移籍を決意!中日移籍はあり得ない理由を分析してみる!


DeNAの山口俊が球団に移籍を直訴した。

これでFAでの移籍は確定なのだが、巨人で確定路線かと思いきや、本人の口から中日さんも来ているとの発言が・・。

まさか個々に来て中日ドラゴンズにかっさらわれるのか?果たして結論やいかに!

中日か?巨人か?

中日のFA

DeNAの山口獲りには複数の球団が噂されていたが、表面に出てきていたのは巨人。

それ以外の球団はそれほど活発に動いているようには見えなかったが、まさかの中日ドラゴンズが動きを見せていた。

中日は何年かおきに大物をFAで獲得する傾向がある。

西武ライオンズからFAで獲得した和田一浩。

メジャー移籍を諦め横浜からFAで移籍した谷繁元信。

そして2013年には巨人から小笠原をFAで獲得した。とはいえ、小笠原のケースは2度めのFA移籍、巨人からは事実上の戦力外状態となっていたため、参考にならないだろう。

ただあまりFA戦線には参戦して来ず、むしろ主力級がFAで出ていってしまう球団というイメージが付いてしまっている。

そんな中日が獲得に名乗り出たのだから、この思いはかなり本気なのかもしれない。

中日移籍はあるのか?

さて当の山口俊は、移籍先として中日ドラゴンズを選ぶのだろうか?

個人的には絶対に無い!と思っている。その理由はこれだ。

チームが低迷している

中日ドラゴンズは且つ無いほどの深刻な低迷期に入ってしまっている。

4年連続Bクラスで今年はぶっち切りの最下位。

かつて村田修一が優勝争いが出来るチームへ!という希望を出して移籍した。

DeNAはようやくクライマックスシリーズまで進出したが、もっと上のレベル優勝を狙えるレベルで戦いたいはずだ。

そんな選手に今の中日は不向きなのでは?

深刻なのは打力

中日は最下位ながらチーム防御率は、DeNAよりも上。

むしろ深刻なのは打撃陣。

チーム打率は245、ホームラン数は89本とリーグ最下位。

欲しいのは投手ではなく、打者なんじゃないだろうか?

名古屋に縁がない

山口俊は大分県出身で高校も地元の柳ヶ浦高校。

ドラフトで横浜に指名されて入団したが、大阪も名古屋も一気に飛び越えてしまっているため、全く名古屋に縁はない。

あるとすれば谷繁元監督の横浜繋がりだが、谷繁は監督を辞めてしまった。

横浜から名古屋だったら東海道線で移動できる東京だろう!

落合GM

チーム内に蔓延している落合GMへの不信感。

これは他のチームから移籍していくる身にとっては、かなり不安感を煽るキーワードなんじゃないだろうか?

すっかりヒール的キャラになってしまった落合。ずっと一緒にやってきたチームメイトなら大丈夫だと思うが、親交のない人間にとっては、かなりの脅威になる気がする。

不安点

ただ一点巨人移籍に不安があるとすれば、巨人という球団のプレッシャー。

元来気が強いタイプではないらしく、すぐに結果を求められる巨人は遠慮したいという気持ちが働く可能性があるのも確か。

いやそんな事はない。確かに結果は求めるけどすぐにブログで叩いたりしないから安心してくれたまへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*