阿部慎之助の捕手復帰は絶対ないのか?小林誠司に帝王学を教え込む


阿部慎之助が恒例のグアム自主トレに小林誠司を連れて行く意向を発表した。

かつて阿部組としてグアム自主トレを行い、坂本勇人や長野久義を一人前に育て上げてきた。

阿部慎之助にとっては、巨人の正捕手として小林誠司は物足りなさでイッパイなんだろう。

それじゃ本人のキャッチャー復帰というのはもうあり得ないのだろうか?

阿部慎之助の捕手復帰

他球団が最も嫌がる形

もし阿部慎之助がキャッチャーに復帰出来るとしたら、他球団にとっては最も嫌な形になるだろう。

盗塁阻止率だけなら小林誠司に軍配が上がるが、それ以外の面ではまだまだ負けることはない。

キャッチングもリード面も、またチームのまとめ役という立場でもピッチャーに、そしてチームに安心感を与える存在。

決してゲーム中に外国人助っ人に「ちゃんと捕れ!」とクレームつけられる事なんかない。

キャッチャーとしての能力は阿部慎之助にはなかなか敵わないだろう。

さらに阿部がキャッチャーに収まればファーストにいろんな選手を回すことが出来る。

ギャレットや新外国人という手もあるし、村田をファーストに回し岡本をサードという選択肢も出来る。

阿部の負担を軽くするために下位打線に配置しておけば、脅威の7番、8番打者が完成し、切れ目のない打線が出来あがる。

チームにはイイコトだらけ。だがキャッチャー阿部はもう本人が諦めているのだろう。

今の慎之介の身体ではキャッチャーという激務は務まらない。だからこそ物足りなさでイッパイなんだろうが、小林誠司を鍛え上げるしかないのだ。

小林誠司に足りないもの

グアム自主トレで阿部の帝王学を叩き込むつもりだろうが、小林に足りないものは何なのか?

WBC強化試合でも露呈したキャッチング技術、リード面の成長、扇の要という立場でのリーダーシップ、そして打率204のバッティング。

そしてあの細い体。イケメンでモデル体型なのはいいのだが、プロのキャッチャーとしてはいささか心許ない。

ハッキリ言って足りないものばかりだ。

それじゃ他の選手に期待すればイイじゃないか?となるが他に誰がいるんだ?

宇佐見や鬼屋敷、河野?という選手もいるが、2軍ですら結果が出ない選手達が小林誠司の上に行くとは到底思えない。

阿部と比べれば物足りなさ満タンなんだろうが、小林誠司しかいないのだ。

キャッチャーは1年やそこらで育つポジションではない。

だからと言ってFAや外国人でやすやすと補強できるポジションではない。

巨人はあと10年小林誠司を正捕手に据えるしか無い。その覚悟で阿部は小林を鍛え上げようとしているのだろう。

小林が阿部イズムを継承し、来季真の正捕手として定着できるのか?間違いなく来季巨人のキーマンになる男だ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*