巨人のセカンド守ってる山本泰寛って誰やねん?


絶対に負けられない戦い。

首位を独走する広島カープとの首位攻防戦。結果は巨人がジョンソンを攻略し快勝となったが、最後地味にダメ押しタイムリーを放ったのは山本泰寛(やすひろ)。

巨人の山本って誰?山本功児なら知ってるけど・・・古っ。

山本泰寛とは?

慶応大学出身

山本泰寛は、ビリギャルでお馴染みの慶応大学出身のバリバリのルーキーである。

慶応といえばもちろん由伸監督の母校だが、昨年のドラフト候補の慶応勢といえば由伸二世と呼び声の高かった谷田成吾の方が注目されていた。

そ谷田は残念ながらドラフトにかからず涙を飲んだが、その陰でしれっと巨人にドラフトで指名されていたのが同級生の山本。

正直ネームバリューも低く、名前も特徴的でない彼をキャンプから追いかけていたファンもそうそういないだろう。

そんなあまりというかほとんど世間に知られていなかった山本が、交流戦まっただ中の楽天戦でいきなり一番セカンドとして起用されることになる。

ぶっちゃけ誰やねん。これが最初の感想だった。

持っている選手

代打でもヒットを打っていた山本は、初先発でも臆することなく1打席目で早々にヒットを放ち結果を出した。

その後もほぼレギュラーとして起用され、まずますの成績を収めている。

地味だったドラフト5位の山本だが、実は相当に持っている男!なのかもしれない。

レギュラーの座を掴む時、それは時によって運の要素も必要になってくる。

これまで不動のレギュラーだった選手は、ケガなどで戦線を離脱し、その代替として入った選手が活躍し、レギュラーの座を奪い取るというのが、実力社会のプロ野球の下克上。

今年のセカンドはまさにそうだろう。

ショート坂本は安泰だが、しばらくセカンドが固定できない巨人。

本来なら片岡なのだろうが、ケガや好不調の並の多さも有り、今年はロッテで活躍していたクルーズを補強した。

守備もうまいしバッティングも勝負強いクルーズは、巨人に取って最適な補強だった。

さらにFAで脇谷を補強し、一気に巨人のセカンドは戦国時代。

開幕当初そこに山本の影すらなかったのだが、クルーズが故障し、片岡もダメ、脇谷もイマイチ。となり急遽出番が回ってきたのが山本。

こんな美味しいチャンスは山本にとって二度と無いかもしれない。

このチャンスをものにしレギュラーの座を掴んだら、山本は相当持っている男だろう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*