2016年ベストナイン発表!中日と阪神からは選出なしセ・リーグ編


2016年のベストナインが発表された。

さすがに優勝した広島カープからは4人が選出された。活躍した選手が多いほどチームは強い当たり前の話だ。

まずはセ・リーグのベストナインを総括したい。

2016ベストナイン

セ・リーグ

ポジション 名前 球団
投手 野村祐輔(初) 広島
捕手 石原慶幸(初) 広島
一塁 新井貴浩(2) 広島
二塁 山田哲人(3) ヤクルト
三塁 村田修一(4) 巨人
遊撃手 坂本勇人(3) 巨人
外野手 鈴木誠也(初) 広島
筒香嘉智(2) DeNA
丸佳浩(2) 広島

投手

ピッチャーは広島の野村祐輔が初受賞。

今年は最多勝でマエケンの穴をしっかりと埋めて余りある大活躍。

沢村賞は同僚のジョンソンに譲ったがベストナインは確保した。

今年の安定感は抜群だったから異論なし。

捕手

こちらも広島の石原が初受賞。これでゴールデングラブ賞とのダブル受賞。

広島一筋15年のベテランが後半戦の快進撃を支え、3年ぶりに100試合出場を果たした。

石原でもっと打っていたイメージがあったが、今シーズンの通算打率は202。

どうしても小林の打撃ばかりdisってしまうが、やっぱりキャッチャーやりながら打撃で成績を残すのって大変なんだね。

一塁

ファーストは今シーズン見事な不死鳥ぶりを見せた新井貴浩。

ぶっちゃけ新井が復活するなんて夢にも思わなかった。

阪神時代の情けない打撃を見て、もう新井は終わったかなぁと思っていたのだが、今年の成績は完全に脱帽モノ。

バッティングを狂わせないように対戦相手によってスタメンを外したり、広島首脳陣の配慮も大いに役立ったのだろう。

ロペスという声もあるかもしれないが、優勝への貢献度から言えば荒いだろうな。

二塁

ここは山田哲人しかいない。後10年はセカンドのベストナインは山田哲人で決まりだろう。菊池には気の毒なんだが。

今年は巨人の田原がデッドボールを与えてしまい休んでしまったが、休まなければもっと良い成績を・・・と今でも思ってしまう。ホントごめん。

ただあなたが打ち過ぎるからどうしても厳しい攻めになってしまうのだよ。

来年も厳しく攻めると思うけど、そんなものアッサリと打ち返しちゃうんだろうなぁ。神過ぎるよ。

三塁

男村田が4回目のベストナイン。

正直村田もベストナイン取るほど活躍するとは思わなんだ。

だってシーズン前は、2年目の岡本とレギュラーポジション争いをしてたんだよ。

レギュラーを取れるか?代打に甘んじるか?まさに瀬戸際から土俵際で見事なうっちゃり。

今年の村田には誰も文句は言えない。

遊撃手

今年は坂本勇人しかいない。坂本に取ってはパーフェクトイヤーだろう・・・優勝は除き。

念願のゴールデングラブ賞も獲得し、守備面でも打撃面でも球界No1のショートに君臨した。

しかし来年からが大変だ。

トップに立てば立つほど、下からの突き上げも厳しくなり、周囲の目も厳しくなる。

坂本はまだ2年続けて安定した成績を残したことがない。来年が勝負。

来年も同等の成績を残せるようになったら本当の本物。パーフェクトヒューマンだ!

外野手

広島から神ってる鈴木誠也と丸佳浩。まぁ順当だろう。

鈴木誠也は今年突然のブレイク。正直去年は名前もよく知らなかったくらい。

侍ジャパンでも神ってる打撃を見せているが、日本代表でも十分中軸を打てる打者だと思う。

今年の丸はとにかく勝負強かった。

ゲーム後半の逆転劇にはいつも丸と菊池が絡んでいた。来年はそろそろタイトルに手をかける頃なんじゃないか?

DeNAから唯一選出されたのは筒香嘉智。

これまでは長打力よりも確実性のある打撃を心がけていたのかもしれないが、今年は一気に長距離砲へ覚醒。

筒香の打撃は見ているだけでわくわくさせられた。もう侍ジャパンの4番は君しかいない!

その他

阪神、中日からは残念ながら一人も選出されなかった。

どちらも下位に低迷していたから仕方ないのだが、一人くらいはタイトルに絡む選手が出てきて欲しいところ。

阪神は補強を進め来季の巻き返しを狙っている。中日は今チームが改革する時期だろう。

来年はベストナインに送り込めるのか?期待がかかる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*