ドラ1の吉川尚輝は今年は2軍のままなのか?巨人が君を指名した理由


ここ数年定着できない巨人のセカンド。

今シーズンは、オープン戦で大爆発を見せた中井大介が滑り込みで開幕セカンドの座をゲットしたが、交流戦まで結果を残すことは出来なかった。

頼りない守備に安定感のない打撃。プロ10年目、中井にとっては千載一遇のラストチャンスだったが、残念ながら絶好球を仕留められなかった。

中井が脱落し、またしてもセカンドはスクランブル状態。守護神のカミネロを2軍に落としてまで引っ張り上げたクルーズも不発弾を抱えたまま2軍へと旅立っていった。

交流戦も終わり、またシーズンが再開する。巨人のセカンドは誰で行けばイイのか?

巨人のセカンド

セカンドのレギュラーは?

交流戦後半、良い形で2番セカンドに定着しつつあるのが2年目の山本泰寛。

慶應大学出身なのでもちろん由伸監督の後輩だ。昨年1軍に合流してきた時は山本泰寛って誰やねん?という状態だった(勉強不足でスミマセン)。

今シーズンは、キャンプから故障で出遅れてしまい、すっかりセカンド争いの枠から外れてしまったが、腐らず着実に2軍で結果を残してきた。

満を持しての1軍合流。中井が脱落し、クルーズも脱落。まさに今しかないというピンポイントのタイミングでレギュラーをゲットしそうな勢いの山本。

決して派手なプレイや豪快な長打力はないが、堅実な守備と泥臭い右打ち。巨人はこんな選手を待っていたのかもしれない。そう長年巨人のショートを守り続けた、守備のスペシャリスト川相昌弘のような存在を。

大味な打線をピリリと引き締める麻婆豆腐の山椒のような役割を待っていたのだ。だがしかし・・・

なぜ吉川尚輝をドラ1で指名した?

もし山本がレギュラーに定着したら、今の巨人打線の最高の形は下記になる(1番長野パターン)。

1番 長野 ライト

2番 山本 セカンド

3番 坂本 ショート

4番 マギー サード

5番 村田 ファースト

6番 陽岱鋼 センター

7番 石川 レフト

8番 小林 キャッチャー

ん~~~、右だらけw

阿部慎之助が故障で離脱してしまい、その代わりに村田が入ると見事に右バッターがズラリと並んでしまう。

セ・リーグの投手防御率ランキングを見てみると左投手はチームメイトの田口と中日のバルデスくらい。

その後はブキャナン、又吉、野村、メッセ、秋山、大瀬良・・・右ピッチャーだらけ。

特に中日又吉のような右のサイドハンドのピッチャーからすればこの打線は有り難いはずだ。阿部慎之助ロスは、単に得点力の低下だけでなく左バッターロスになってしまう。

レフトに橋本到を使うという選択肢もあるが、前半戦を支えてくれたダイナマイトシンゴは後半戦も積極的に使いたい。

となればセカンドには左打ちの野手に入って欲しい。そこで必要だったのが吉川尚輝なのさ。

大学ナンバー1野手という評判でプロ入りしたが、キャンプインと同時に上半身のコンディション不良というよくわからん事象で3軍スタート。

その後一度だけ一軍に上がったが、プロ入り初打席は大学の先輩、広島菊池にもぎ取られ初ヒットはならなかった。そしてまた2軍生活。2軍でも結果は出ていない。

山本泰寛はこのビッグチャンスを逃してなるものか!と死に物狂いでレギュラーを奪いに来ている。

このままじゃポジションが無くなってしまう。ドラ1で左打ちの内野手を獲得した意味が薄れてしまう。

大卒のドラ1は、ある程度即戦力を期待してしまう。高卒のようにじっくりと育つのを待っている余裕はない。

山本にとっても正念場。吉川にとっても正念場。さらに辻という左打ちの内野手もレギュラーの座を狙っている。

吉川尚輝!2軍でノンビリしている暇はないぞ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*