クルーズを1軍に上げるのか?それとも2017シーズンを捨てるか?


指名打者制度を有効に利用して、ようやく贅沢に余らしていたピース村田修一を起用することが出来た。

それでもやっぱり貧打は解消できない。楽天投手陣によもやの完封負けで6連敗。

なんと13戦連続ホームランなしなんだそうだ。

そして今日の楽天の先発は、目下6戦連続二桁奪三振続行中のエース則本。

もう、この時点で勝てる気ゼロ。勝てたら奇跡だよ。それほど弱い。激弱だジャイアンツ!

決断をする時期

クルーズ昇格か?それとも・・・

開幕からチームを支えた主砲の阿部慎之助と坂本勇人がここに来て急ブレーキ。

打率トップを悠然と走っていた坂本は3割1分台まで数字を落とし、阿部慎之助に至っては2割5分台まで下がってきてしまった。

一人気を吐くケーシー・マギー。とはいえ一人じゃなんともならん。

ダイナマイトシンゴが貴重な戦力となってはいるが、その回りも一向に上がってこない。

長野、立岡、中井、小林。ちょっと調子がいい選手がいても、悪い選手が圧倒的に多いため打線はブツブツと切れ全く線として機能しない。

ここまで来たら劇薬を投下するしかない。

昨年、怠慢プレーの連続でクライマックスシリーズを外されたクルーズを1軍に上げるしか無い。

クルーズは現在2軍で打率312、ホームランは8本でイースタンのホームラン王。

元々守備力は抜群。結果が出ない中井の代わりにクルーズが下位打線に控えれば他球団に多少脅威は与えられるはずだ。

それには外国人枠の兼ね合いでカミネロかマイコラスを2軍に落とす必要があるが、クローザーはマシソンに任せ一度カミネロを休養の意味も込めて2軍に落としてもイイだろう。

それほど巨人打線は瀕死の状態になっている。

だがクルーズを上げるということ。それは間違いなく若手育成の場を奪うということ。

今や球界No1遊撃手となった坂本と二遊間を組むには出来れば長年使える若手を起用したい。

中井はもう若手ではないが、昨年のドラ3山本も2軍で結果を出している。ドラ1吉川もまだ結果は出ないがミスターからもお墨付きを貰うほどの才能がある。

出来れば自前の選手でセンターラインは固めたい。

確かにクルーズの長打力は魅力だが、その場しのぎ的感覚なのは間違いない。

クルーズを上げるのであれば、一過性でも構わない。それでも今シーズンまだ優勝の目がある。そのためには出来る策は全て講じるという意思を意味する。

こんなに苦しくてもクルーズは使わない。自前の選手を育て上げるというのなら・・・今シーズンは半分諦めの境地に入ることを意味する。

まだ6月。交流戦もまだ2戦しか終えていない。

この段位界でジャイアンツは育成の道を歩むのか?逆転優勝を遮二無二に目指すのか?

いやまだ6月じゃない。もう6月だ。決断の時期は既に訪れている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*