2016年ドラフト会議巨人の1位は吉川尚輝戦略は正しいの?


2016年のドラフト会議が終わった。

注目の創価大学の田中正義は、5球団の強豪の末ソフトバンクホークスが指名権を獲得。

しかし何より驚いたのは、田中に票が集まりすぎ桜美林大の佐々木が1巡目で指名されなかったこと。

そしてクジを外した球団が慌てて佐々木を指名し、佐々木は千葉ロッテマリーンズが指名権獲得。

だから言ったじゃん。最初から佐々木だったんじゃね?

ってコレはオレだけでなく各球団の首脳陣も思っていることだろう。あぁ残念。

2016年ドラフト

巨人の戦略

巨人は異例の前日指名予告で創価大学田中を指名。

しかし田中を外し、まさかで残っていた桜美林大佐々木も外し、結局中央学院大学の吉川尚輝を獲得。

吉川は走攻守揃った右投げ左打ちの大学ナンバーワン内野手。

特に守備力は特筆すべきものがあり、先輩である広島菊池と並ぶほどの才能と言われている。

だが本当に巨人が獲っておきたかったのは内野手の吉川なんだろうか?

右投げ左打ちの内野手といえば辻東倫がいる。

セカンド候補には山本もいるし、重信のコンバートも模索しているらしい。

俊足巧打の内野手は候補だけでも溢れている気がするのだが。

ショートは何よりも球界ナンバーワンの坂本勇人がいる。

ドラフト1位で獲得した金の卵を孵化させずに放置してしまうのではないだろうか?

ただ吉川の才能は素晴らしいものがある。なんとか出場機会を与えて、大きく育てて欲しい。

巨人指名選手

これが今年の巨人の指名選手。

1位    吉川尚輝 (中京学院大、内野手、右左)
2位    畠世周 (近大、投手、右左)
3位    谷岡竜平 (東芝、投手、右右)
4位    池田駿 (ヤマハ、投手、左左)
5位    高田萌生 (創志学園、投手、右右)
6位    大江竜聖 (二松学舍大付、投手、左左)
7位    リャオ・レンレイ (開南大=台湾、投手、右右)

1位の吉川以外は全員投手となった。

先発、中継ぎの高齢化対策に着手した形となったようだ。

注目は7位のリャオ・レンレイ。

台湾の開南大に在籍する身長2メートルの大型右腕だが、高校時代日本の学校に在籍していたためドラフトの対象なんだとか。

どんな投手か?と思ってYoutubeを探してもほとんど動画がない。

唯一昨夜アップされたとみられる動画を見たところ、体型の割には豪快感がなくまとまっている感じかな?

まぁいきなり即戦力という感じではないだろう。

即戦力として期待がかかるのは、3位の谷岡竜平か?

社会人らしく安定したフォームでかなりまとまっている感じ。

巨人の選手で言えば三澤 興一みたいなイメージ。あの感じならいきなり手薄なセットアッパーとして1軍のベンチの潜り込めそう。

いろいろあった今年のドラフト。残念ながらクジを外し大物の獲得は出来なかったが、各選手の飛躍に期待したい。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. お酒 より:

    野手のコーチ達もそろそろ首が寒いのを感じてるはずなんで、空いてる所なら元がどこのポジションでもねじ込むって感じなんですかね。

    あと吉川が即戦力かは分からないのですが、センスはあるっぽいですよね。なにかと批判されがちな走り打ちに近いフォームでも打撃への評価は結構高いですから

コメントを残す

*