元DeNAのグリエルがアストロズと契約しメジャーリーグへ


横浜DeNAベイスターズに在籍していたユリエスキ・グリエルが、ついにアストロズと契約合意しメジャーリーグへ参戦するようだ。

キューバの至宝とまで呼ばれたグリエル。メジャーリーグでも活躍することは出来るのだろうか?

グリエルとは?

横浜DeNA時代

野球強豪国キューバのスター選手という触れ込みでDeNAに入団したグリエルは、他のキューバ選手とは一線を画していた。

当時30歳で現役バリバリ、まさに全盛期での移籍だったため、入団と当時にいきなり活躍した。

出場62試合で打率305、ホームラン11本の成績はさすがと言えるだろう。

だがしかし、正直そこまでのインパクトは感じなかった。

メチャメチャ長打力があるわけでもなく、どこに投げても打たれるような威圧感もなかった。

もちろん次のシーズン1年通して働けばそこそこの成績を残したのだろうが、その姿は見られなかった。

自分の弟をバーター取引で契約させておいて、一切連絡を取らずに来日拒否。

そのまますったもんだあり、契約解除となってしまったからだ。

メジャーリーガーとして成功するのか?

果たしてそんなグリエルはメジャーリーグで活躍することは出来るのだろうか?

横浜DeNAを退団後、キューバのリーグではほとんど試合に出ていないらしい。

ブランクもある状況でしかも年齢的にはもう32歳。

全盛期の姿を求めるのはコクだろうが、メジャーリーグが求めるようなパフォーマンスを発揮できるかどうかは、正直始まってみないとわからないだろう。

それより何より心配なのは、キューバ特有なのか大の飛行機嫌いという点。

メジャーリーグはアメリカ全土で開催されるため、当然移動のメインは飛行機。

日本よりも確実に飛行に乗る機会は多いはずだが、彼はそんな移動距離に耐えられるのだろうか?

ワガママとも言える形でDeNAとの契約を解除したグリエル。

彼のサクセス・ストーリーがここから更に加速していくのか、その姿に注目したい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*